プロフィール

makrele

Author:makrele
いろんな事に喜んだり、凹んだり。
日々コツコツと、最後は”まあ何とかなるさ”のポジティブ精神で暮らしてます。
レトロプロダクト、ビール、ワイン、芋好き。
服に関わる事を少々。

お知らせ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
   遊びに来てくれてありがとう。 またね!! Auf Wiedersehen!!

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Hallo!!Wie geht's?

別れは慣れるもの?

気付いたら流れ着いた人、
様々な決心をしてやってきた人。
色んな思いを抱えてたくさんの日本人がベルリンに住んでいます。

圧倒的な分母が少ない中で日本人の『友達』を作ることも案外簡単なことではなく
ふとした縁で知り合って、『知り合い』から『友人』になった人たちが
これまた色んな事情でベルリンを離れなければならず、訪れる別れ。
ここでの友情は流動的。
そんな刹那な一瞬を共有できた近しい人たちが去っていくのは
とても哀しい。

『外国人』として生きていくことで常について回るコミュニケーション能力の問題。
もちろん国を問わずフィーリングで友情は築いていける。
でも、母国語が通じるもの同士というのはやっぱり何か、特別な気がするのです。
それは島国で暮らしてきたものの独特な感情なのでしょうか?


『別れ』は慣れた。そう言う人もいるけれど、
これでも慣れたのかな。
最初からいつかは去っていくのかも。そんな風に思っていたのかな。
『寂しい』と『仕方ない』と思う想い。
去ること聞かされるほうも、それはそれで複雑なんです。



でも

私の話を聞いてくれてありがとう。
おいしいご飯をありがとう。
素敵な時間をありがとう。

そんな思いをこめてせめて背中を押してあげたい。


それくらいしか、
できないもんな。


FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
   遊びに来てくれてありがとう。 またね!! Auf Wiedersehen!!

2009-02-11(Wed) 20:35| つぶや記| トラックバック 0| コメント 10

Hallo!!Wie geht's?

コメント

PatronistaTさん

すいません、返事が遅くなりなりました。
年齢と共に・・・。そうですね。重みを増していくような。
これはそれともベルリンの特徴なんでしょうかね。
残るものは残る。去るものは去る。そんな感じで、結構
出入りが激しい感じがします。
最近パタパタと続き、あ、友達減ってる。と、
少し焦ってます(笑)

2009-03-03(Tue) 03:03 | URL | makrele #-[ 編集]

別れかぁ~・・・
だんだん年齢と共に、慣れる事のない別れが増えてきます。
それでも、考えようによっては年齢と共に増える方が良いのですが。
幼い時にあまり別れを経験したくないものです。

最近はごく普通の遠くの場所への別れはないです。
私の周りは身辺の変化がないのかも知れません。

2009-02-26(Thu) 06:40 | URL | patronistaT #-[ 編集]

鮭さん

こんにちは~。
友人がほとんど海外ってそれもまた凄いですね。
離れても縁がある人とは繋がっていますもの、
特に昔の友達は私にとっても心の支えです。
こちらで出会う人たちはまた昔の友達とはまた違った感覚で、
出会ってはわかれるの繰り返し。ですね~。

2009-02-15(Sun) 23:03 | URL | makrele #OARS9n6I[ 編集]

私はいま日本にいますが、逆に友人たちが海外に旅立ってしまい、気がついたら一人残ってしまったって感じです。。。
遠くてなかなか会えないけど、縁がある人とは長いことつながっていられるし、久しぶりに会ったときにも変わらずにいられるのがうれしかったりします。
出会いって、素敵ですよね。

2009-02-15(Sun) 18:10 | URL | 鮭 #JUGsyThY[ 編集]

Luna meerさん

そうですよね。日本の別れはフェードアウト。ですね。
疎遠になるとなんとなく連絡が取りずらくなる・・・。
別れがあるのは日本となんら変わりはないのですが、こちらはなんかサイクルが早い・・・。慣れた頃に、“バイバイ”なんてこともよくあります。
いつ自分が見送られる立場になるかわかりませんから、
そのときまでは、出て行く人をちゃんと見送ってあげようかな。と。
そんな思いが伝わってたら、嬉しいですね。

2009-02-14(Sat) 06:07 | URL | makrele #OARS9n6I[ 編集]

ぴぎゃさん

あ、ありがとうございます…。
愚痴のような嘆きのような文章をそんな風に言っていただいて、照れます。
別れには慣れたつもりでも、一緒に過ごした時間が多ければ多いほど、辛いものがあります。
出会いもあれば別れもある。
こうして文字でお話できるのもある意味出会いですね。

2009-02-14(Sat) 06:01 | URL | makrele #OARS9n6I[ 編集]

ゆるむたさん

こんばんは~。
寂しいですよね。人を見送るのって。
自分もいつ逆の立場になるかもわからないですけれど、
縁あって知り合った人たちが、いなくなるのは残念です。
そうですね、また会ったときに楽しく時を過ごせたときに、素敵な出会いだったと実感できそうですね!
おっ、ちょっとポジティブになってきました。

2009-02-14(Sat) 05:55 | URL | makrele #OARS9n6I[ 編集]

別れは再会のためにあるのかも…

日本にいても「別れ」はありますが、日本の中での「別れ」は、きっぱりとした「別れ」より、フェード・アウト的なものが多いような気がします。連絡が少なくなって、いつの間にか疎遠になってしまうのも辛いです^^;
連絡を、何かきっかけがあれば取ろうと思いながら、何も特別なきっかけもなくずるずる日が過ぎていくんですよ。

どこかへ去っていく人を見送るとき、その人の幸せを祈るmakreleさんは優しいですね(#^.^#) 相手の方もmakreleさんの優しさにきっと気づいてますよ。

2009-02-14(Sat) 05:16 | URL | Luna meer #e8dqewdg[ 編集]

紙に書き留めておきたい・・・
すごくすてきな文章書かれますよね、今日のは特に・・じーんと涙が出てきました。
人間って欲張りだから、いつか別れる、一生一緒じゃないとはわかっていても、その日が来ないことを祈ってしまう。
それでも来てしまった別れのあとは、もう相手の幸せを祈るしかなくて。
別れは、昔に比べればずいぶん慣れました。でも何度経験しても寂しいから、出会いもうれしいんですよね。

2009-02-12(Thu) 07:05 | URL | ぴぎゃ #-[ 編集]

私も気が付けば、ドイツに来て最初の頃に仲良くなった人達は
他の町や国に移ってしまい、気付けば一人残っている感じです。
新しい人との出会いもありますが、
やっぱり深く慣れ親しんだ人が去っていく時は
いつになっても寂しいなぁと思います。
ただ、今でもその人達から連絡があったり、
久しぶりに会える機会があったりすると
昔のように楽しく時を過ごせること、
この人と出会えて本当によかったとまた確認できるんです。
海外での生活の苦楽を共に超えてきた同士だから、
きっとどこにいても、きっと繋がっていれるんだと思います。

去っていく友人の方の、肩を押してあげるのも
親友としての優しさですね(^^)

2009-02-12(Thu) 06:57 | URL | ゆむるた #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gruseausberlin.blog112.fc2.com/tb.php/180-67551cbf

カテゴリー

月別アーカイブ

01  04  03  02  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

リンク

メール

メールはこちらからどうぞ>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Danke!!

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。